turug music

アクセスカウンタ

zoom RSS 新着俳句&テレビ収録

<<   作成日時 : 2012/03/10 18:10   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6


赤梅の滴り咲きぬ雨ごかな









雨ご(あめご)なんて言葉はないですね。

僕の趣味は、
姉御、とか姪御、とか言うように、
親しみと敬いなどのニュアンスとして、
言葉の後ろに「ご」を付けることがあると
思うのですが、
雨のあとに「ご」を付けるセンスはどうなんだろう。。

方言とかで雨ご・・・とか呼ばないかな。。
「雨ごさ、降ってるね〜。」なんて^^

個人的なブログのつもりなので
好き放題詠んでおります。







以前、ラジオ収録で
心の病気について話す機会があり、
初めてラジオ出演した私でありますが、
実はテレビ収録もしてきました。

おとといと昨日の二日間、
作業所を利用しているメンバーとして、
インタビューに答えたり、
作業の様子や昼食風景、
それとちょうど今
作業所が開催している
ネコ展覧会での様子など、
たっぷりと取材を受けました。
スタッフは、
記者、カメラマン、音響の3人でした。

放送局は関西テレビ(フジ系列)です。
なので関西圏で放送が流れることになると思います。

番組名はおそらく「スーパーニュースアンカー」。
夕方から放送しているニュース番組で、
関西圏では割となじみのある番組かもしれません。

放送日はまだはっきりしておらず、
今月末辺りになるのではないかと思います。
分かり次第、このブログで告知させて頂きます。

正直言って疲れました。
テレビ局の方が来ている間中、
気が張っている状態でした。
自分ではなるべくリラックスしていたつもり
だったんだけど。

取材前日なんて、
落ち着かなくて
一睡も出来ませんでしたし。

歩くのもやっとで家に帰ったりもしました。

作業所のスタッフさんは、
ある程度病気に対する理解があるので、
それほど緊張せずに、
自分のことを今は言える感じがしますが、
テレビ収録で話すということは、
自分が一般社会に身をさらしているような
感覚なので、
心の病気の身としては無事では済まないような
心地でした。

カメラも一切見れませんでした。
見たら何も話せないような気がしたから。

でも自分なりに精一杯話したし、
今は無事終わってホッとしています。

関西圏の方いらっしゃいましたら、
今後のブログ更新に要チェックです。
テレビで動くturugが見れますよ、なんて^^







明日は3月11日ですね。震災より一年。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

またの更新までお元気で。
みなさんの無事と健康を願って☆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
turug様 
雨の後=うご。。と言う
表現は可能ですね。
雨に濡れた 赤い梅は情緒が有りますね。

種々の初体験おめでとう御座いました。
アンカーは時々見てますのでね
拝見できると良いのですが。
楽しみにして 居ります。

今日も又すごく 寒いですよ
お風邪に ご用心下さいませね。
みみ
2012/03/12 13:41
みみさん、コメントありがとうございます☆

「雨後」はありますね。
結構好きな言葉かもしれません。

小雨の降るある日、
ある立派な庭を見ていて、
奥に赤梅の花が見えたんです。

花は小振りで、花から滴る雨に
情緒的な物を感じて詠みました。

はい、初体験とは
やはり気を使うものですね。
アンカーご覧になってらっしゃるのですね。
放送日、
分かり次第このブログにて
お伝えいたします。

本当に。
今日も雪は降るは、雨は降るは、
風は強いはで、外出は厳しいものでした。

春先に風邪などひいてしまうと、
せっかくの春を歓迎する気持ちが
損なわれてしまいますものね。

みみさんもどうぞご自愛下さり、
近く来る暖かい季節を迎えましょう^^

それではひとまず。失礼いたします〜☆
turug
2012/03/12 17:14
こんにちは〜☆。turugさんの個性が感じられるお言葉を、いつも楽しみに拝見しています!

「あめご」は、とても面白い発想ですね♪。ちょっと、目からウロコでした!そういう言葉遊びの部分、私も心惹かれますよ〜。自由な翼を持つ詩の世界が、私も好きです。(そういえば、古代語のジャンルには、音の印象や音の繋がりを重視して、あえて全く意味をもたない1音「ご」「が」「ば」等を付けるものがあった、と記憶しています…ふと、それを思い出したりもしました。)

先日からテレビやラジオなど、積極的に頑張っておられるご様子を、私も尊敬しております…。(今回の多めの気持ち玉は、turugさんへの尊敬と応援の気持ちも込めてデス☆。)
相原利沙
2012/03/12 18:49
利沙さん、こんにちは☆
コメントそして沢山の気持ち玉
ありがとうございます^^

「あめ」つながりの話ですが、
大阪ではお菓子の飴のことを
「飴ちゃん」と呼びます。
言葉遊びは大阪の人にとって日常です。
そんな普段の気持ちが句に表れることが
多いのかもしれません。

そうなのですね、古代語にはそんな事が。。
古文とか読んでると、
今のはっきりした現代語よりも
感覚的に言葉を扱っている印象があります。
「けり」と切れ字一言を取っても、
読む人にとって十人十色のイメージが
あるにも関わらず、
共通の理解として信じられる不思議。

そういう言葉の隙間や余裕とでも
呼ぶような表現は、
ロジカルで効率重視の現代には
有効に働くかもしれないなんて思います。
言わば、いい塩梅が肝要といいますか。

何だか立て続けに騒がしいことが
自分に起きていますが、
心の病気の当事者として、
話せることがあるなら話したい、
というのが今の心境です。

重ねて気持ち玉ありがとうございます。
いつもありがとうございマスネ^^/
turug
2012/03/12 21:13
 こんばんは(^o^)丿

 「あめご」おもしろいですね。
 ウチの方では対象に対して「こ」をつけて呼びますね。
 大阪の「飴ちゃん」みたいに「飴っこ」とか。
 他にも「鳥っこ」「車っこ」子供の事を「子っこ」「わらしっこ」と呼ぶ人もいます(笑) 
 ちなみに、「わらし」の複数形が「わらしゃど」(笑)

 ちょっと生意気な子供たちを怒る時は、
 「このぁ、クサレわらしゃんどぁ! はっぱえらせぃぐねぇ!」です。
 明日、使えますねww
daikun
2012/03/14 22:09
daikunさん、こんばんは☆
コメントありがとうございます☆

そうなのですね、「こ」を付けるのかあ。
車っこってかわいい^^
自分の句で詠んでみたいです。

「このぁ、
 クサレわらしゃんどぁ!
 はっぱえらせぃふねぇ!」

私なんかきっと早口では言えない^^;

ご当地の子なら、
「怒られた!」って思うでしょうけど、
大阪の子が聞いたら、
キョトンとしちゃうでしょうね^^

方言って、
俳句や短歌でも
どんどん詠んで欲しいなって思います。
古い言葉も、
次の世代に受け継がれると思いますし☆

そういや最近、
子供を怒ってないなぁ。
turug
2012/03/15 16:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
新着俳句&テレビ収録 turug music/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる